ローグエコーバイクとアサルトバイクの比較:頭突き比較

ローグエコーバイク対アサルトバイク:頭と頭の比較

今日は、長年の CrossFit の空気のバイク、アサルトの空気のバイク対ローグ エコー バイク、新人、最高の空気のバイクはあなたのためですを決定するのに役立つように比較します。

私は、以下の7つの主要な機能をカバーし、比較します。

  • ワークアウト
  • ビルドの質
  • price
  • コンピュータコンソール
  • ライダー身長体重
  • 騒音レベル
  • ベルト対チェーンドライブ

私は両方のバイクの経験があり、また、私がここで提示する関連する詳細、事実、および意見をあなたに与えるために他の人の経験を引きます。

ビジネスに取り掛かる準備はできていますか?さあ、行きましょう

内容

female using air bike for workout at gymfemale using air bike for workout at gym

ワークアウト

一般的なエアバイクについて理解する必要がある最初のことは、彼らはロードバイクを複製することを意図していないということです。

エアバイクは別の獣です。彼らは、ロードバイク、静止した直立バイク、および回転バイクとは異なります。

空気のバイクは、ファンや風の抵抗を使用して、実際の高速で増幅し、抵抗は抵抗が丘、風と一部では、どのように高速で行っているから来る実際の自転車とは違って、ペダルを漕ぐ方法に依存することを意味します。

だから、アサルトとエコーの両方がエアバイクなので、エコーバイク対アサルトバイクのワークアウトの違いは何ですか?

依頼して良かったです!

ローグの自転車は重いですが、一般的にはちょうど肉厚です。それはベルト駆動であり、それがより多くのエネルギーを使用していることを意味し、開始し、それが行くようにするには、あなたのエネルギーを取得するのは難しいです。それはあなたのお尻を蹴ります。

ローグエコーは、アサルトバイクに比べてスタートが難しく、一度動いてしまうと継続するのが難しくなります。ローグエコーでは、自転車を動かすだけでもかなりの努力が必要なので、低強度のトレーニングをするのは難しいですが、その点は注意が必要です。

ジョシュ-ブリッジスは、ローグエコーが提供するワークアウトに関するいくつかの非常に鋭いポイントになります。

カロリーを気にせずに乗れる…それはどういうこと?

ローグバイクは、ペダリングを止めたら結構すぐに動かなくなるので、ペダリングをしていないとカロリーカウントが続かない。

アサルトバイクは少しの間回転を続け、あなたが燃焼しなかったカロリーをコンソールに記録します。

正当に、それはあまりにも多くの余分なカロリーに量ることはありませんが、それは完璧主義者を悩ませます。私は完璧主義者とクロスフィッター自身として、クロスフィッターはかなりの完璧主義者のグループをすることができます教えてあげましょう。

一方で…

いくつかの選手は、アサルト バイクは、エコーよりもロード バイクのように少しだけより多くを感じる方法を好むし、それを停止すると、ちょうどより少ない突然です。

カロリーを乗り切る」例を見るには、選手がアサルトバイクを降りてハンドルがまだ動いているこのクリップをチェックしてみてください。

ワークアウトの底力

ローグエコーは硬く感じ、高回転を得て維持するのが難しく、止まるときも早く止まります。

アサルトバイクの方がスムーズで、最初は少し楽かもしれませんが、正直なところ、どちらも後から感じられるキックアスワークアウトを提供してくれます。

ビルドの品質

ローグエコー エアバイククオリティ

ローグエコーのエアバイクの品質に問題を抱えている人はなかなかいないでしょう。

アサルトのエアバイクも同じことは言えません。

ローグエコーの空気のバイクは、タンクのように構築されています。それが真実であるため、誰もがそれを言う。

Rogue Echo BikeRogue Echo Bike

rogue large buttonrogue large button

また、ローグエコーのエアバイクは、アサルトバイクよりも約50ポンドも重くなりますが、トランスポートローラーが付いているので、多少移動が楽になります。

あなたは安全に RPM をクランクアップし、エコーのバイクの狂気を得る感じることができます、それはスプリントと最大の努力の虐待に耐えることができ、それは非常に重いので、それがひっくり返るか、ぐらつくように感じることはありません。私は本当にエコーについてのそれを愛しています。

FWWI、一部の人はEchoバイクのシートの方が快適だと言っていますが、それは相対的な言葉です。IMOは、エコーのシートは快適ではないので、アサルトバイクのシートもそうです。しかし、これらのものは、快適なレジャーライドのためのものではありませんよね?

アサルトエアバイクの品質

アサルトのエアバイクはエコーよりもメンテナンスが必要です。

私は多くの人々、特に多くの使用を得るアサルトバイクを持っている人は、問題はこれらのバイクでトリミングと言うことを言うことを悲しいです。

時にはペダルが緩んだり、チェーンが緩んだり、ハンドルがぐらついたりすることもあります。

これらのバイクはチェーン駆動ですが、私は分で話をしますが、子供の頃からあなたのバイクを覚えている場合は、チェーンのメンテナンスが必要なことを知っています – さもなければ!

しかし、アサルトバイクにはいくつかの設計上の特徴があり、これについては次項で説明しますが、Echoよりも快適な乗り心地を実現しています。

ビルドの品質を話すときのボトムライン

自宅のジムで使う分には、アサルトバイクでも問題ありません。それは少しチェーンのメンテナンスを必要とし、それはOKでなければなりません。

Rogue Echoは、この2つのバイクの中ではより優れた作りのバイクです。緩んだり壊れたりすることなく、ラフなライディングにも対応できるように設計されており、この点では定評があります。

あなたのガレージジムのためのエアバイクを探している間に、あなたの家のジムを完成させるために、これらの他のCrossFitガレージジムの不可欠な機器の部分を見てみませんか?

ライダーの身長、体重、人間工学

man using air bike for cardio workout at gymman using air bike for cardio workout at gym

ローグエコーの身長・体重・人間工学

エコーに対する最大の不満は、5’3 “以下のライダーのために素晴らしいではないということです。

最大の問題は腕です。エコーのハンドルは幅が広く、高い位置に設定されており、さらに、彼らはあまりにも多くのスイープを持っており、その旅行の背中にあなたの邪魔をすることができますし、グリップ自体が大きいです。

Q ファクターは、ペダルがあなたの膝の間に作成する距離を意味し、アサルト バイクよりもエコーで大きいです。これは、小さいライダーのための非常に不快なことができ、さらに股関節と関節の緊張を引き起こす。

余談ですが、エコーは350ポンド、アサルトバイクと同じ最大重量までのライダーを保持しています。

アサルトバイクの高さ、重さ、人間工学

アサルトバイクは、軽量で短いライダーのためのより良いフィットです。

私が言ったように、Qファクターはアサルトバイクの方が優れているので、足と膝がより自然な位置に座り、より快適な乗り心地を実現しています。

ハンドルはより良い位置にあり、アサルトバイクの腕の可動域や移動範囲は、エコーバイクのように大げさではありません。

シートを調整する方法など、アサルトバイクを使用する方法に関するいくつかの素晴らしいヒントについては、Constantly Varied Fitnessによるこのクイックビデオをチェックアウトして、あなたのアサルトバイクを最大限に活用してください。

サイズ、重量、人間工学に関するボトムライン

アサルトバイクは、背が低くて軽いライダーに向いています。それはより良いプロポーションを持っているし、あなただけの重量が100ポンドの場合は特に、エコー上で行うのは難しいことができます行くことを取得するのが簡単です。

一方で、エコーは簡単に大柄な男と平均的なサイズの人々、特にHIIT、マックスレート、スピードインターバルや他の強烈な、猛烈なワークアウトのために自転車を使用したい人のための最良の選択です。

価格

違いは他の上の 1 つを選択するだけで正当化するのに十分ではないので、価格はこれら 2 つのバイクの間の決定要因であるべきではありません。

オンラインでは、エコー安いいくつかの日を見つけることができます、他の日、アサルトは低価格であり、価格差がある場合は、それは通常ちょうどお互いの 100 イェンズ内です。

また、両方のオプションは、多くの場合、適切な場所と時間で見れば、送料無料で見つけることができます。

もっとエアバイクを見たいなら、ここに最高のエアバイクのレビューを書きました。

騒音

young woman using air resistance bike at the gymyoung woman using air resistance bike at the gym

ローグエコーはどれくらいうるさい?

私はちょうどそれを言うつもりだ:ローグエコーはアサルトバイクよりも静かです。

Echoは、多くのCrossFitボックスで見かけるConcept 3 Rowerのような漕ぎ手と同じくらいの騒音を出します。アサルトバイクは、テレビを大音量にしても、テレビを見るのが困難になります。

アサルトエアバイクはどれくらいうるさい?

音がうるさい。本当に早くから運動していると同居人を起こしてしまうかもしれませんし、マンションに住んでいる場合は近所迷惑になるかもしれません。

エコーは確かに静かではありませんが、2つの中では一番静かです。

ボトムライン:エコーバイク対アサルトバイクはどれくらいうるさい?

テレビを見ながら、大音量で、Echoを使ってもいいですね。アサルトバイクだと、音量を上げてもテレビを見るのは難しいでしょう。

そこが違います。

ベルトドライブとチェーンドライブ

ローグエコーベルトドライブ

Echoはベルトドライブを採用しているので、メンテナンスが少なくて済みます。また、音も静かでスムーズで、壊れにくいです。

でも…

ベルトドライブの “好感度 “については意見が分かれています。

私はすでにエコーが始動し、始動したままでいるのは難しいと述べました。

Rogue Echo BikeRogue Echo Bike

rogue large buttonrogue large button

一部の人は、エコーを “ブレーキが固定されているので、”雪だるま式の出力効果を発生させることができない自転車 “と比較しています。そして、私は同意しなければなりません。

それを開始し、ワークアウトをより激しく、難しい、空気のバイクのポイントですが、行くを維持することは難しいです。

アサルトチェーンドライブ

アサルト バイクはチェーン駆動であり、すべてのバイクのようなメンテナンスが必要です。定期的にオイルを塗って、緩んだときに締めてください。それは少し多くの作業です。

でも…

チェーンからのフィードバックはロードバイクに似ています。一度調子に乗ってしまえば、少しは楽に続けられます。それはアサルトバイクが弱虫だということではなく、それでもタフなワークアウトを与えてくれます。

アサルト チェーン バイクのいくつかの支持者は、自転車の感触はどこかに取得しているようなより満足していると言いますが、エコーのベルトはエネルギーを吸うし、それはほとんどすべてで移動しているように感じます。

ボトムライン チェーンドライブ対ベルトドライブエアバイク

一日の終わりにそれは好みの問題です。メンテナンスの面では、ベルトはチェーンよりも優れていることを認めます。しかし、ワークアウトと感触の面では、それはあなたが好むものです。

Echoのベルトはタフなので、惰性ではイライラしてしまうかもしれませんが、タフなワークアウトには満足しています。

アサルトの方が、どこかに行ったような感覚を味わえるので、瞬間的な満足感があり、テンションも少し下がります。

オンボードエレクトロニクス

ローグエコー コンソールコンピュータ

ローグのコンソールには、多くの人が軽蔑している欠点があります。それは 3-2-1 カウントダウンを起動するたびにあります。つまり、リセットするたびにカウントダウンする必要があります。あなたは時間のためにAMRAPSとMetconsで時間を失うことになります。

また、カロリーカウントダウンの設定は10単位でしか行われず、心拍数モニターの使用方法やインストール方法についての情報は含まれていません。画面はバックライトがないので、読みにくいかもしれません。

良い面では、ローグモニターの数字はアサルトモニターの数字よりも大きいです。

モニターを実際に素早く見て、ローグエコーバイクの使用方法についていくつかのヒントを得るために、この簡単なビデオをチェックしてください。ヒント、モニターの最高のビューは37秒にあります。

アサルトエアバイクコンソールとコンピューター

アサルト バイクのモニターはちょうど OK です。数字が小さいし、バックライトがないので読みにくいです。

コンソールは心拍センサーに対応していますが、それは付属していません。コンソールは、HRストラップを手に入れれば、標準的なタイム、カロリー、距離、心拍数をカバーしてくれます。

プラス面では、それはローグエコーが行う 3-2-1 カウントダウンを持っていないし、小さなことですが、まだ何かを燃やしたいカロリーの正確な量を置くことができます。

エアバイクコンソールとコンピューターのボトムライン

私はここで本当のことをするつもりです、これらのマシンの両方のオンボード コンピューターは印象的ではありません。

私は、コンピュータに基づいてエコーバイク対アサルトバイクのための決定を基づかないだろう。

どちらも本当に素晴らしいバイクですが、最大の特徴はその性能とキックバットなワークアウトであって、提供するフリルではありません。

記事の概要

今では、エコーバイク対アサルトバイクの間で決定するために必要な情報で武装する必要があります。

IMOエコーバイクは、モルドールの火に耐えることができる自転車でそれらを殺そうとするワークアウトをしたい大きな、背の高い選手のための理想的なものです。

アサルト自転車も公正な戦いを置くし、激しいワークアウトを与えることができます、そのデザインは、中から小柄なライダーやロード バイクのような感じの自転車が好きな人のためによく動作します。

今、私たちは道のことわざの終わりに達していることを私はガレージジムパワーニュースレターにサインアップして、この1つのような別のレビューや比較を見逃すことはありませんに招待したいと思います。

私はここにあなたを持っている間、あなたは今までオールインワンホームジムに興味を持っていた場合、私は最高のオールインワンホームジム2020のこの包括的なリストを作成しました。

Annett Fiedler

Written by

こんにちは!私の名前はアネット・フィードラーです。私の名前はアネット・フィードラーです。私は健康を維持することが大好きですが、エクササイズは誰もが好きなものではないことを理解しています。私の夢は、私のフィットネス情報と初心者向けのホームワークアウトが、皆さんのフィットネス愛に火をつけることです。