ホットヨガとは何か?

what is hot yogawhat is hot yoga

ホットヨガはビクラムヨガとも呼ばれ、「ひねりを加えたヨガ」です。その名の通り、暖かい部屋の中でいつものヨガを行います。

ホットヨガが人気のあるヨガの選択肢となっている理由は、ほとんどのヨガスタジオが幅広い選択肢を提供していることから、ヨギーの体力を次のレベルに押し上げることができるからです。

ホットヨガは、簡単なストレッチを行うだけで、脂肪燃焼効果の高いエクササイズに変身させてくれます。

ホットヨガは、有名なヨギーのビクラムChoudhuryがサウナで休憩を取るだろう日本のヨガの学生の彼の観察の結果としてそれを導入したときに1970年代に始まるヨガの世界では比較的最近の開発です。

彼は華氏82度から始め、徐々にクラスの温度を上げていき、自分のマジックナンバーである華氏104度に到達しました。

what is hot yogawhat is hot yoga

ホットヨガとは?

ホットルームはさておき、ヨガには豊かな歴史があり、古代の僧侶が長時間の瞑想に耐えられるようにするための練習として行われてきました。それは20世紀半ばにビクラム・チャウドゥリーのようなヨギーによって西洋世界に伝わりました。 th 世紀にハリウッドの王族からアメリカ全土のスタジオに至るまで、ホットヨガはフィルターをかけられてきました。

ヨガには深い精神的な要素が含まれており、身体全体を柔軟にするために、心と感情を身体の動きと結びつけることを促します。

ヨガを実践しているアメリカ人の多くは、スピリチュアルなことは省き、身体的な効果を重視しています。ヨガは、リラクゼーション、ストレッチ、筋肉強化など、多くの目的に適応することができます。

ホットヨガはヨガのフィジカルな側面を別のレベルに引き上げます。通常のヨガとは異なり、肉体的な努力を必要とし、身体の能力に注意を払う必要があります。

通常のヨガとホットヨガの違いは温度だけではありません。一般的な「ホットヨガ」のクラスでは、以下のようなことが期待できます。

  • 華氏104度(摂氏40度)の気温
  • より速いペース
  • 心拍数を上げることを目標に
  • 身体をさらに追い込む目標
  • 26ポーズへの制限
  • すべての筋肉群に焦点を当てる
  • 参加者全員が合理的に健康であることを前提とした場合
  • 強制的な呼吸
  • 増加した汗を管理するための余分な装備の必要性
  • 単にストレッチをするだけではなく、自分の体をプッシュするというマインドセット
ホットヨガは、通常のヨガでは後回しにされがちな有酸素運動の効果で人気があります。

.

ビクラムヨガの効果

hot yoga for beginnershot yoga for beginners

ホットヨガには、ヨギーが受ける平均的な効果に加えて、いくつかの追加効果があります。一つは、ホットヨガは汗をかきます。運動中に汗をかくことのメリットは数多くあります。

余分な塩分やコレステロールなど、毛穴を塞いで吹き出物を作りがちな汚染物質のような毒素の分泌を増加させます。発汗による余分な塩分のパージは、カルシウムを保持しながら塩分を除去する方法で、腎臓結石を予防することができます。

汗をかくことの意外なメリットとしては、皮膚にある天然の抗生物質を活性化させ、細菌を引き寄せて排除することが挙げられます。

ホットヨガのもう一つのメリットは、筋肉を温めることでポーズを深めたり、柔軟性を高めたりすることができます。筋肉が温まっていればいるほど、ストレッチに身を乗り出す際の安全性が高まります。

冷えた筋肉を強く押し付けると、筋肉を引っ張ってしまうことがあります。ホットヨガのトレーニング中に徐々に強度を上げていくことで、筋肉を温め、普段は難しいポーズも十分にこなせるようになります。

ホットヨガは、1回のセッションでしっかりとしたワークアウトのすべての利点を備えています。

ホットヨガは心拍数を上げますが、これはもちろん有酸素運動の副産物であり、多くの効果が知られています。有酸素運動は肥満を減らし、心臓の健康を改善し、代謝の範囲を広げ、運動やケガからの回復を早くしてくれるので、私たちの日常生活には欠かせないものとなっています。

カーディオはまた、「ランナーズハイ」とも呼ばれるエンドルフィンを放出するので、セッションからの帰り道がとても気持ちいいのもそのためです。

ホットヨガは通常のヨガよりも激しい方法で筋肉を強化し、たるんだ筋肉や肌を引き締め、柔軟性を高めてくれます。さらに、熱はワークアウト中に体をリラックスさせ、呼吸や精神的な集中力を高め、不安や落ち込みを軽減してくれます。

ホットヨガを始める際の注意点

what to wear to hot yogawhat to wear to hot yoga

どんな新しいフィットネスのルーティンでもそうですが、良い経験から始めるためには心に留めておくべきことがあります。ホットヨガでは、通常のヨガとは強度が異なるため、特に注意が必要です。

クラスの直前の食事は避けましょう。ホットヨガは他のフィットネスクラスと同じように、胃の上に重い食べ物が乗っかっていると吐きそうになります。激しいホットヨガのクラスに参加するには燃料が必要ですが、熱い部屋に飛び込んでマットを広げる前に、食事を消化する時間を与えましょう。

多くの食品を避けるべきであるのと同じように、より多くの水を消費する必要があります。水を飲むことは重要ですが、クラスが始まる直前ではなく、何時間も前に飲むことが大切です。ホットヨガのクラスが終わった後も、一日中コンスタントに水を飲むことで、汗をかくことに備えて体を整えましょう。クラスの後も水分補給は欠かせません。

インストラクターは様々で、最初に出会ったインストラクターが気に入らないかもしれないことを覚えておいてください。最初のクラスが気に入らない場合は、ホットヨガの体験そのものよりも、インストラクターが気に入らないのかもしれないと考えてみてください。もしあなたがヨガのワークアウトを強化することを楽しんでいるのであれば、いつでも他のインストラクターを見つけることができます。

ホットヨガでは、他のヨガクラスとは異なる効果音があることに注意してください。特に、参加者はポーズを強調するために強制的な呼吸法を採用していますが、大人数のグループではかなりの音量になることがあります。

語彙はまた、瞑想で “オーム “にあなたを求めたり、他の参加者にあなたのエネルギーを送信するようにインストラクターのような “新しい時代 “の用語に少し強いように見えることができます。このような側面に参加する必要はありませんが、よりリラックスできるようにすることで、ワークアウトの効果を高めることができるかもしれません。

ホットヨガはその激しい性質から、通常のヨガよりも怪我をするリスクが高くなりますので、事前にリスクを知っておくことで準備をしたり、悪影響を防ぐことができます。

ホットヨガを安全に実践する

ホットヨガでは怪我のリスクが高まりますので、特に身体的な制限があることを認め、リスクや医学的な懸念を踏まえて自分がプログラムに適しているかどうかを見極めるなど、いくつかの予防策を取るのが賢明です。

例えば、妊娠中の方はホットヨガに参加してはいけません。また、子供は暑さが増すと体に良くないので、ホットヨガには参加しない方が良いでしょう。60歳以上で定期的にヨガに従事していない場合は、ホットヨガは避けるべきです。

また、糖尿病や心臓病、高血圧や低血圧、めまいを起こしやすいなどの持病をお持ちの方は、ホットヨガを考え直してみてはいかがでしょうか。危険性に不安がある場合は、クラスに参加する前に医師に相談しましょう。

ホットヨガをしている最中に、無理をしすぎたり、体が熱くなりすぎたりする症状が出てくることがあります。少しでもめまいを感じたら、立ち止まって深呼吸をしましょう。シミが出てきたり、極端に体が温まったり、息切れしたりした場合は、部屋を出たり、ストレッチをしたりして休憩しましょう。

このような症状を防ぐためには、自分の体に注意を払い、特に初心者の場合は、インストラクターが勧めるほど無理をしないようにしましょう。インストラクターは通常、参加者に自分のワークアウトをゲージするようにアドバイスしています。

Finally, there is a ロット 汗をかきます。そのため、他の有酸素運動の後と同じように、ホットヨガのセッション後はすぐに水分補給をすることが非常に重要です。

ホットヨガで過度に汗をかいた後の水分補給には水分が必要です。滑って熱がこもりすぎないように、タオルやグリップ力のあるヨガソックス、タイトな服装も大切です。

ビクラムヨガの始め方

What is Bikram YogaWhat is Bikram Yoga

ホットヨガを始めるには、まず自分の好きなジムのクラスを選ぶ必要があります。地元のYMCAやヨガスタジオ、ホットヨガ専門のスタジオでも良いでしょう。

ホットヨガには、ポーズの数が26ポーズに制限されているビクラムスタイルから、スタジオで持続可能な床材などの「グリーン」な要素を採用しているモクシャヨガまで、さまざまなタイプがあります。

また、ホットヨガの環境に早く溶け込むために、ヨガのエチケットにも慣れておく必要があります。早めに到着する、クラスに入ったら無言でいる、ワークアウト中は友達と話さない、携帯電話の電源を切る、慣れていない場合は後ろの席に座るなどのことをすることで、初めてのクラスをうまく進めることができます。

ホットヨガの初心者と上級者の違いは、どちらかというと強度の違いです。初心者よりも上級者に向いているポーズもありますが、ほとんどのホットヨガのクラスでは、無理をしないだけで初心者に下げることができます。

例えば、上級者向けのクラスでは倒立、アームバランス、スプリットなどを行い、初心者向けのクラスではハーフバージョンを中心に行うこともあります。

本気でホットヨガをライフスタイルとして維持したいと考えているのであれば、自分用のマットとタオルを購入するのも良いでしょう。ホットヨガの練習に飛び込んでいくうちに、その数々の効果にうっとりしてしまうかもしれません。

また、マットの上に置く大きめの吸水性のあるタオルを持参するようにしましょう。大量の汗をかくことで、ベタベタしたヨガマットでも滑りにくくなり、タオルは必要な牽引力を与えてくれます。ホットヨガの体験をより良いものにするために、特別な吸水性のあるタオルを購入することもできます。

ホットヨガでは、汗をかき、熱を発生させるので、服はとても重要です。ゆるい服よりもピタッとした服を着るべきです。スポーツブラ、スパンデックスのショーツやレギンス、タンクトップなどの服装が適しています。あなたの髪を後ろに結ぶことができることを確認し、あなたの頭のための汗のバンドを持参し、あなたのワークアウト中に快適さを提供します。

初心者から上級者まで、どんなレベルのホットヨガにも対応しています。

  • 水筒
  • マット
  • 吸収性タオル
  • ヨガの靴下や靴
  • タイトな運動着
  • 空っぽの胃

ヨガソックスは初心者には見落とされがちですが、ホットヨガのクラスでは2つの重要な役割を果たしてくれます。ホットヨガのクラスでは、ヨガソックスは2つの重要な品質を提供してくれます:汗で水たまりに落ちるのを防ぐ滑り止めと、ヨガスタジオでの衛生面の保護です。このヨガソックスは、安全性と衛生面で優れたコンビネーションを提供し、あなたの経験を最適なものにしてくれます。

ホットヨガに着るもの

ルポ レディース エッセンシャル 滑り止めクロスオーバー ヨガ ピラティスソックス<89cBrSbthxz>

このパワフルな滑り止めヨガソックスは、耐久性のあるコットンとナイロンの混紡素材で、ファッション性とパフォーマンスを兼ね備えています。伸縮性のあるストラップは、メアリージェーンのようなスタイルで足の上部をクロスさせて位置を調整し、ホットヨガクラスのようなペースの速い環境では便利な機能です。

かかと部分はワークアウト中の滑りを防ぐために専用のゴムで補強されており、底のノングリップパッドはマットの上にしっかりと留まりながらも楽しめるように可愛らしい模様で渦を巻いています。

ソックスが外れてしまう心配がなく、足が滑らないようにしたいというユーザーに最適なヨガソックスです。ソックスのカラーはライラックやミスティックブルーなど豊富に用意されています。

Cosfash 滑り止めスキッド ヨガ ピラティス バリアソックス グリップ付き<89cBrSbthxz>

ホットヨガのクラス中に滑ってしまいたいと思う人はいません。それは恥ずかしいし、痛いです。そこで、このゴムグリップ付きヨガソックスの登場です。このオーガニックコットンブレンドのソックスを履くと、足首まで足全体をカバーしてくれるので、汗をかくようなホットヨガ中にも滑りにくくなります。

足全体に人間工学に基づいたデザインのラバーグリップが点在しており、カラーは男女問わず使えるニュートラルなものとなっています。

特に抗菌機能が付いているのが嬉しいソックスです。汗ばんだヨガの床から足を守りたいなら、このソックスが効果的です。また、あなた自身の足の臭いの原因となるバクテリアを除去してくれます。さらに、生涯保証も付いています。

グレートソールズ-ノンスリップグリップヨガソックス<89cBrSbthxz>

本格的なホットヨガのアンサンブルには、ヨガグリップソックスが欠かせません。2足セットでお届けするこのドット柄のグリップソックスは、コットンとポリエステルと伸縮性のあるブレンド素材で作られており、普段のホットヨガの厳しさにも耐えることができます。

実際には、何百もの滑り止めのドットがあり、床とマットの上の両方で安全に感じることができます。彼らはつま先の靴下であり、足全体を覆うことで他の人の素足の細菌からの保護を追加します。

これらのヨガソックスは軽量で、アーチサポートを提供し、フィット感のあるヒールを持っているので、ホットヨガクラスで初めて行う他のすべての新しいことの上にあなたの足について考える必要はありません。色はパープル、ピンク、ブルーの3色があります。

始める時が来た

ホットヨガは、激しいフィットネスという共通の目標に向かって他の人と一緒に取り組む楽しい方法です。インドの夏の午後の暑さをシミュレートした教室で、ヨガの利点である柔軟性やストレッチと、激しい有酸素運動の利点を組み合わせることができます。

何を期待し、どのように準備するかを知っておくことは、ホットヨガを成功させるための最高の入門編となるでしょう。

吸収性のあるタオルが必要になります、ここでは私のお気に入りのホットヨガ用のタオルをご紹介します、履き心地の良いヨガパンツは非常に貴重なものになります、ここでは私のおすすめのヨガパンツをご紹介します、そして最後にヨガマットのバッグはヨガ用品を持ち運ぶのに便利です。

お知らせです。

BestWomensWorkoutsは、アマゾンサービスLLCアソシエイトプログラム、アフィリエイト広告プログラムの参加者です。BestWomensWorkoutsは、Amazon.comにリンクすることで、対象となる購入を通じて販売された商品から報酬を得ています。アマゾンは、彼らのアフィリエイトリンクを介して販売された製品に手数料を提供しています。

Annett Fiedler

Written by

こんにちは!私の名前はアネット・フィードラーです。私の名前はアネット・フィードラーです。私は健康を維持することが大好きですが、エクササイズは誰もが好きなものではないことを理解しています。私の夢は、私のフィットネス情報と初心者向けのホームワークアウトが、皆さんのフィットネス愛に火をつけることです。